自衛隊の階級-3

自衛隊の一般自衛官のすぐ上の階級になるのが、

「陸士長・海士長・空士長」

という階級です。

これは会社でいえば、〝主任クラス〟でしょうか?しかし、会社の規模によって主任の権限は大きく違いますので、早くも

〝会社の役職と自衛隊の階級を比べる〟

のは難しくなってきました。

旧日本軍であればピッタリの階級があり、それは〝上等兵〟になります。

旧日本軍で〝兵〟にあたる階級は、自衛隊では〝○士〟で、〝○士長〟は兵士レベルで最も上の階級で、任務に対しての指揮権はないものの、所属する班やチームのメンバーを管理する立場になるわけです。

この〝○士長〟の上の階級が〝曹〟になり、〝曹〟の階級も〝士〟の階級と同じく、

「三等陸曹・三等海曹・三等空曹」

「二等陸曹・二等海曹・二等空曹」

「一等陸曹・一等海曹・一等空曹」

「陸曹長・海曹長・空曹長」

に分かれています。

この〝曹クラス〟の自衛官は、陸上・海上・航空の各自衛隊の任務に則した〝専門技術〟が要求される階級になるわけです。

旧日本軍の階級では、

〝三等○曹=兵長〟

〝二等○曹=伍長〟

〝一等○曹=軍曹〟

〝○曹長=曹長〟

にあたります。

旧日本軍でも、この兵長から曹長までの役割は、結構微妙で、基本的には

〝分隊のまとめ役 (∪_∪)b〟

という立場で、曹長や軍曹をリーダーとして、伍長や兵長が軍曹を補佐して分隊を纏めるわけです。

ただ、現行の自衛隊ではこの〝曹クラス〟は幹部候補生で、現場のリーダーを勤めつつ、

〝もっと上を狙う階級 (  ̄ー ̄)〟

になっています。

サイト内関連記事

自衛隊の階級-1
17...
自衛隊の階級-2
18...
自衛隊の階級-4
20...
自衛隊の階級-5
21...

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

自衛隊って何?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://mega01.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。