自衛隊の階級-5

軍隊ですと、佐官クラスの上は、ついに〝将官クラス〟になりますが、〝軍隊ではない〟自衛隊の階級も、その階級はなぜか、

「陸将補・海将補・空将補」

「陸将・海将・空将」

「陸上幕僚長・海上幕僚長・航空幕僚長(但し、階級の呼称は〝○将〟」

となっています。

この階級をまたまた旧日本軍と比べてみると、

〝○将補=少将〟

〝○将=中将〟

〝○○幕僚長=大将〟

となるわけです。

まぁ、旧日本軍と比べると〝准将〟という階級が、自衛隊には無い事になりますが、資料によって〝○将補〟が准将で、少将の階級が無いと位置づけているものもありますし、この辺りになってくると、

〝似て非なるもの ┐('~` )┌〟

と言っていいでしょう。

〝文民でない人〟が、自衛隊で出世できるのはここまでの階級になります。

〝○○幕僚長〟は基本的に陸上・海上・航空自衛隊の各部隊一人しかなれませんし、その上といえば、防衛大臣と内閣総理大臣だけです。

将官クラスの自衛官ともなると、ほぼ100%キャリア組で、現場には視察に行く程度で、

〝自衛官として日本を守ってる! (`へ´)9〟

というよりは、自衛隊の組織全体の運営を指揮管理する仕事になりますので、ミリタリーヲタクにとっては、あまり〝面白くない仕事〟かもしれません。

サイト内関連記事

自衛隊の階級-1
17...
自衛隊の階級-2
18...
自衛隊の階級-3
19...
自衛隊の階級-4
20...

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

自衛隊って何?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://mega01.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。