自衛隊のお仕事~治安出動-2~

ただ自衛隊の治安出動は、〝警察法〟に基づく治安活動を行うわけですので、暴動や内乱を引き起こした側が、余程凶悪な武装をしていない限り、暴徒に向かって自衛隊が、バズーカ砲やロケットランチャーをぶっ放す事はありません。

しかし、防衛出動は自衛隊創立以来、総理大臣が

「首相!防衛出動命令を! ヾ(`◇´)ノ」

という決断が迫られる機会そのものが、一度もありませんでしたが、実は

〝治安出動の発令が検討された事は実際にあった Σ(゚ロ゚;)〟

のです。

その昔、1960年代は左翼の方々がまだ元気一杯で、〝打倒!資本主義〟に燃える学生運動家や、労働者が全国各地でデモ行進が行われました。

デモ行進といっても、最近メディアに放送されるような、〝お行儀の良い〟デモ行進ではなく、ちょっとしたきっかけで、あっという間に

〝警察の機動隊と乱闘を始めてしまう ヽ(`Д´)ノ〟

という過激なものだったのです。

乱闘を始めるような連中は、デモ行進よりも機動隊と戦う事をあらかじめ想定して、ゲバ棒(正式名はゲバルト棒、デモ用のプラカードの、柄の部分を武器にしたのが元祖と言われる)や、投石用の石、あるいは火炎瓶などを用意して暴れますので、自治体の知事としては、

「治安出動、頼もうかな…( ̄- ̄;)」

という心境になるのも当然だったかもしれません。

事実、この頃各地の地方議会では、治安出動の要請が議会で決議され、内閣へ要請されたのです。

治安出動が、正式に総理大臣から自衛隊に命令される事はありませんでしたが、一つ間違えば、自衛隊がデモで暴れる学生や社会人に向けて発砲する、という恐ろしい事態が発生する可能性もあったのでした。

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

自衛隊って何?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://mega01.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。