〝兵器〟の性能~潜水艦-2~

日本の領海を守るのが目的である海上自衛隊の潜水艦は〝通常動力型潜水艦〟、別名

〝エレクトリック・ディーゼル型潜水艦〟

と言われるタイプになります。

この通常動力型潜水艦は、ディーゼルエンジンでジェネレーターを回して発電し、その電気を蓄えて、実際の航行は電気モーターでスクリューを回して進みます。

ですから、海中を航行するときの通常動力型潜水艦は、静寂性が極めて高く、蒸気タービンの音のうるさい原子力潜水艦に比べて、発見されにくいというメリットがあるわけです。

ただ、電池か切れれば、充電の為に再びディーゼル機関を動かさなければなりませんので、

〝ディーゼル機関に必要な酸素を取りこむために、海面付近まで浮上しなければならない ┐( ̄Д ̄;)┌〟

というデメリットがありました。

その点、原子力潜水艦は、原子炉そのものが酸素を必要としませんし、原子力から得られる過大なエネルギーは、

〝海水を電気分解して酸素を作れる〟

ほどですので、乗組員が酸欠に陥る事も無く、その気になれば何ヶ月でも、乗組員の食糧が尽きるまで、潜水したまま活動出来ます。

ところが、海上自衛隊の最新鋭潜水艦そうりゅうは、

〝浮上しなくても水中でディーゼル機関を回せる (゜▽゜)〟

という〝スゴイ潜水艦〟なのです。

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

自衛隊って何?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://mega01.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。