自衛隊設立の経緯~そして自衛隊~-1

日本国内に駐屯していたアメリカ軍を、朝鮮戦争に動員した場合の

〝留守になった日本の防衛〟

の為に設立されたのが警察予備隊ですが、名前こそ〝警察〟と呼んでいるものの、実態は〝軍隊〟でした。

まぁ、警察予備隊に召集された人員の多くは

〝大日本帝國軍の生き残り (・∀・)v〟

でしたし、共産主義国からの侵攻に対して、日本を防衛するのが役割ですので、ある程度の武装をするのは当然でしょう。

ただ、指揮権は軍人でない、いわゆる〝文民〟が握り、太平洋戦争の時のような〝軍の暴走〟を止める配慮はされていました。

警察予備隊の設立と同時期に、日本の海上の治安を維持する〝海上警備隊〟も設立されましたが、こちらは大日本帝國海軍の残存部隊が、そのまま再編されたものです。

朝鮮戦争はその後こう着状態に陥り、とりあえず1952年に戦闘は中断されましたが、北緯38度線で両軍がにらみ合う形で、現在も戦争は〝終結〟したわけではありません。

そんな状態ですからアメリカも、

「朝鮮戦争のカタがついたから、もう警察予備隊や海上警備隊は要らないよ~ (・0・)b」

とは言わず、普段は自国の災害救助や防衛を任せておき、イザとなったら〝動員〟できる

〝軍隊みたいな組織 ( ̄~ ̄;)〟

を日本が持ち続ける事を望んだようです。

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

自衛隊って何?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://mega01.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。