自衛隊のミサイル防衛-4

弾道ミサイル防衛の第1次防衛であるイージス艦からのSM-3による迎撃に失敗した場合、弾道ミサイルは地球の引力に引かれて、自由落下を開始します。

そこで登場するのが第2次防衛となる

〝パトリオットPAC-3(パックスリー)システム〟

と言われる地対空ミサイル迎撃システムです。

日本に向かって落ちてくる弾道ミサイルは、引き続きレーダーによって捕捉されています。

そのレーダーの情報を元に、落下してくる弾道ミサイルに向けて、地上から迎撃ミサイルを発射するわけです。

このように弾道ミサイルは2段階の備えで迎撃するシステムを日本政府は持っており、それを運営しているのは自衛隊になります。

それで、話題になった北朝鮮の〝自称〟ロケットなんですが、自衛隊がミサイル破壊措置命令に従って、迎撃行動に出るのは、

〝北朝鮮がドジを踏んで、ミサイルのブースターや破片が、日本海や太平洋の海上ではなく、日本の国土に落ちてきた場合〟

だけに限られています。

幸い日本の予想とは裏腹に北朝鮮のミサイルは無事に飛行して、日本列島を飛び越えていきました。

これが、もし当初の予想通り、北朝鮮の開発したミサイルが〝不良品〟で、空中分解してしまった場合、一直線に落下してくる弾道ミサイルを撃ち落すのですら、迎撃率は100%でないのに、

〝空気抵抗でユラユラとブレながら落ちてくる破片 ( ̄▽ ̄;)〟

を正確に狙い撃つのは〝メチャ難しい〟で、実は迎撃に失敗する確率の方が高いのです。

まぁ、そんな事態で、ミサイルの破片迎撃に成功したらWBCで日本が連覇を果たした時以上に、

〝世界に自慢できる技術 ( ̄^ ̄)v〟

だと言えますし、仮に自衛隊が〝撃ち漏らして〟も、

「税金のムダ使いじゃ! ヽ(`Д´)ノ」

と非難するのは止めましょう。

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

自衛隊って何?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://mega01.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。