軍隊ってどんな組織?~軍人の登場~

自衛隊がどんな組織かという事を説明する前に、

〝そもそも軍隊ってどんな組織? (゜σ゜)〟

という事からハッキリさせていきましょう。

軍隊というのはひとことで言ってしまえば、

〝軍人達の集団 ( ̄^ ̄)v〟

です。

昔から人間には限りませんが、生きていく為には常に争い事というのは付き物で、利害が生まれた時には言い争いになり、それでも決着が着かなければ、

〝実力行使! (`皿´)9〟

になります。

そんな争い事が、〝1対1〟であれば、単なるケンカですが、部族対部族とか国家対国家といった規模になったら、これはもう

〝戦争! d( ・`д・´)〟

になるわけです。

そんな戦争に参加する兵士は、

〝ケンカに強いヤツ (・∀・)9〟

で、男性が多かったのですが、昔の兵士は普段自分の田んぼや畑を耕したりしており、いわゆる〝普通の生活〟をしており、戦争が起きた時のみ、〝徴兵〟されていたのです。

しかし、そのうち国家がしっかりした組織として確立していく中で、

〝平時でも軍事訓練をして、ひたすら戦闘に備えるプロ集団 ( ̄へ ̄)9〟

が誕生しました。

この連中が〝軍人〟になるわけです。

日本で初めて〝軍人〟を採用したのは織田信長だと言われています。

当時の兵士は指揮官クラスの武士は別として、平時は百姓などをしており、領主から動員令が掛かると、武装して合戦に出かけていくというパターンで、戦で大きな手柄を立てると〝武士〟に取り立ててもらえる事もあったわけです。

ところが信長は、指揮官クラスどころか、一兵卒に至るまで全て戦闘員として、日夜軍事訓練をさせていました。

普段から訓練を受けている兵と、徴兵された時だけ戦う兵とでは、どちらが強いかといえば、考えるまでもなく、訓練を受けた兵が強いのに決まっています。

織田軍が本当に強かったかは、色々異説もありますが、その後の戦国時代は一兵卒まで、日夜軍事訓練を行う〝軍隊〟をもつ武将が増えていきました。

海外の国でも似たような経緯で、軍人の集団が軍隊を形成していったわけです。

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

自衛隊って何?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://mega01.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。